セキチューの仕事

SEKICHU RECRUITING SITE

資材売場は専門性が試される真剣勝負の場

幅広い品揃えと豊富な知識でプロのニーズに対応する。

須田博之/前橋大利根店 売場担当・2005年入社

前橋大利根店で資材全般を担当しています。資材の中でも特に木材を求めるお客様はプロの方が多く知識も豊富です。ところが、入社したばかりの頃は専門知識が乏しく応対にはとても苦労しました。質問が細かく専門的ですからこちらも必死です。サプライヤーの資料を読みあさり、メーカーの担当がイベントで来店した時には、ここぞとばかりに質問攻めにしました。その甲斐あってか、今では大抵のことには答えられますし、イレギュラーなご要望にも対処できるようになりました。木材は、お客様がハッキリとした目的を持って来店される商材です。店側も個々のニーズにどれだけ対応できるかが問われるわけです。お客様に満足していただいてこそのセキチューですから、臨機応変に接すればその気持ちがお客様にも伝わり、次に来店された時にも話が弾みます。そんな時は自分自身の成長を感じますね。

資材担当になってから、“段取り八分”という言葉の大切さを実感しています。搬入、売場づくり、接客、スタッフの作業割り、どれをとっても仕事の流れ全体を把握して判断を下すことが必要です。隅々まで目を行き渡らせるのは大変ですが、効率的にコントロールできるように専門性ばかりでなく、売場全体をディレクションできる力を身につけようと努力しています。

今は1日も早くブロック長に昇進したいと考えています。そのためにも店舗内の仕事はすべてやってみたいという気持ちです。店長たちの問題解決能力や対応の仕方を見ていると凄いと思うんです。経験と知識の豊富さに圧倒されるほどです。自分にはまだまだ足りない能力がたくさんあると思っています。もっともっと幅広い経験を積むためにも、勉強のため休日は毎週のように自社・他社を問わず店舗に足を運びます。現場を知るには現場を見るのが今の自分には一番解りやすい。良いところも悪いところも実感できますからね。余談ですが、競合店に行くとセキチュー社員の商品に対する知識の高さを再認識させられます。この時ばかりは自分の会社を誇らしく思うんですよ。“自社自賛”ですみません。

会社案内お問い合わせ